fc2ブログ

ソラリスの時間

昭和(1960-80年代)の懐かしいモノ、ヘンなモノ満載!!! 脱力系 or ココロトキめくノスタルジックワールドへご案内〜!

古いアルバムから、幼い頃の写真を公開〜♪

本題に入る前に、この1ヶ月ちょっとの間の私の近況です。

(2月末)
仕事で出かけた京都の路上で顔面から派手に転倒。目の下まぶたに傷を作り赤く腫れ上がり、2週間ほどはDVでも受けたのかと疑われる状態に。かけていた眼鏡の柄もグニャリ。

(3月中旬)
下まぶたの傷跡等がやっと消えた、治った〜♪と思った矢先、左の腰と左脚が痛くなり、夜も眠れない状態に。検査したらヘルニア。湿布と飲み薬、腰にはサポーター。

(1週間ちょい前) 
腰と脚、手に原因不明のじんましん。最初は湿布でかぶれたのかと思っていたが、湿布を貼っていなかった手や右脚にも赤いブツがたくさん出る。
何年か前にかかりつけ医からもらって余っていた、かゆみなどのアレルギー症状を抑える薬を服用し、おかげさまで現在は殆どじんましんは消えていますが、たまに少しかゆみが出ます・・・。


・・・・

モノは考えようで、例えば、道でコケた時に眼鏡のレンズが割れて目を傷めなくて良かったし、骨折にまで至らなくて良かった!! 守られた?! と思っています。それぐらい派手な転倒だったので
あ、コケる!! と思って無意識に体勢を立て直そうとした次の瞬間に、もう一度身体が足が前のめりにガクンと来て、二段ゴケみたいな状況だったんですよ

ヘルニアも今の所は手術しないといけないような重症ではないようで。今はおかげ様で腰の痛みも脚の痛みもだいぶ楽になっていますが(特に就寝時の痛みは)、日によっては日中、痛みやだるさが強まります。

立ったり歩いてる時間が長かったり、逆にずっと同じ姿勢で座ってる時間が長すぎるとダメみたいですね。
特に前者が私の場合はダメみたいで、仕事やプランが大きく狂いました
まあ現在はどちらにせよ、大阪・関西がコロナでまた大変な状況になって来ているので、身体の状態如何に関わらずプランの変更を余儀なくされている状態ではあるのですが・・。

神社やお寺さんでお参りする時に、コロナなどの重病にかからないようにというのはどこでも祈願するのですが、厄除け祈願も念入りにしておくべきだったかなと思っています
お守りを身につけているからこそ大惨事にならなくて済んでるというのもあるのかも知れませんけどね。
皆様もどうぞお気をつけください!!



さてと、今回は大阪または関西某所のスポットについて書こうと思っていましたが、最近の関西でのコロナの状況を鑑み、状況が落ち着いてからご案内させていただくことにしました。

その代わり、押し入れにしまっていた昔のアルバムを引っ張り出してきましたよ。


987-56昭和アルバム写真1

「ARUBAMU」覚えたばかりのローマ字が書きたかったと見える(笑)
このアルバムには私が赤ちゃんの時の写真も少しあるのですが、この表紙の字は私が小学校高学年の時に書いたものに違いない。


過去記事で、高校まで住んでいた今はなき生家の写真をUPしたり、他の記事でも数枚程度、自分が幼児・小学生の頃の写真をUPしたことがありましたが、久々に自分の幼少時の写真をチョイスして何枚か載せてみたいと思います^^
や〜、こういう内容は久しぶりだな♪


987-56昭和アルバム写真7 987-56昭和アルバム写真5

子供の頃から写真映りに安定感がないというか、写真によっては別人のように見えるものもあるんですよね 右の写真、日差しが眩しくてあんな怖い目をしてるんだと思ったんですが、手のアクションから見て本気で怒ってたんか?もしかして(苦笑)


987-56昭和アルバム写真2-1

987-56昭和アルバム写真6

赤ちゃんの頃も含めて、モノクロ写真も何枚か残っています。
後ろの車が今見るとレトロやな〜


987-56昭和アルバム写真3

このブログ多分初登場、私のひいおばあちゃんと、ハトコにあたる親戚の女の子とパチリ。

ブログ掲載にあたってトリミングしていますが、この写真のフチに撮影年が記録されていて、それを見ると1973(昭和48)年の写真のよう。
ひいおばあちゃん、ここから2年も経たないうちに亡くなったことになります。この時はまだ元気そうなのに。
でも、元気でいる間にひ孫たちの顔が見られて、そういう意味では幸せだっただろうな。

あと、この時代のお年寄りというと腰が曲がっている方も相当数多かったけど、こうして見ると思っていた以上に姿勢が良かったんだなあと。


987-56昭和アルバム写真4

幸せそうないい顔で笑ってる〜!!
手に持ってるおもちゃ、あまり記憶に無いような。さらにズームしてみると・・


987-56昭和アルバム写真4-1

私が得意げに持っているのは「魔法使いチャッピー」のセットで、


987-56昭和アルバム写真4-0

ハトコが持ってたのは「魔法のマコちゃん」のセット!

チャッピーのこんなおもちゃなんか持ってたんだ〜!アッコちゃんのコンパクトは持っていた記憶があるけど、これはすっかり忘れてます。
あ、でもあの赤いテーブルだけは、微かに微かに記憶があるような気も・・・。

昔のこういう女の子のセットのおもちゃって、今見てもワクワクするものがありますね


987-56昭和アルバム写真8

親戚の家の前で。小学校4年生ぐらいかな? 親戚のおじさんの結婚式に出た時、もしくはお祭りの時、どちらかだったと思います。
たまにこういうよそ行きの服を着せてもらえると嬉しくも緊張しているせいか、自然におすまし顔になるという(笑) こういうよそ行きの服はお金持ちだった別の縁者のおばちゃんが何着か買ってくれて、今でも家に残っています。
ええとこのお嬢様ばりに上質なものを着せてもらってたなあと、今写真を見てもありがたく思います

私をこよなく可愛がってくれていたおばちゃんも3年ほど前に亡くなり、この家も今は空き家に。
一昨年、近くにあるお墓にお参りした時にここにも立ち寄ったけど、子供の時は広く見えた家の前の庭が意外に狭かったことに驚きました。

同じ前庭で、

987-56昭和アルバム写真11

親戚の家の近所に住んでいた男の子と。
せっかく華やかな着物を着せてもらっているのに、小学生ぐらいの頃からどうももうひとつ着物が似合わなかったんですよね
これは子供だからということでまだ可愛く見てもらえるかも知れませんが、成人式の時の振袖姿など本当に散々で、以来着物は着ていませんw 着物が似合う人が羨ましい。


987-56昭和アルバム写真10

小学2年か3年生ぐらいの時、家族と一緒に出かけた先で。
「ARUBAMU」の表紙タイトルを書いたのと同時に自分で書き加えたと思われるキャプションには「ひるぜん(蒜山)の神社にて」とあるのですが、他の写真を見ると常香炉が写っていることから、神社ではなくてお寺だったようです。

数年前に大山寺に行った時に、蒜山からも近いのでもしかしてここだったのでは?という期待を抱いていましたが、少なくとも本堂周辺の景色とは違っていました。阿弥陀堂には行かなかったので、もしかして阿弥陀堂だったのかな? この景色を見て、どこかわかる方がおられましたら是非教えてください もう一度この場所に行ってみたいんです。



987-56昭和アルバム写真12

親戚のお兄ちゃんと自宅の裏庭で。
おすまししてる雰囲気のかけらもなく、ランドセルも背負い、これぞ正真正銘の普段着写真ですな(笑) 
平成、いや令和の小学生と言っても通用する雰囲気ない?・・ないか(笑) 
このお兄ちゃんとも、この頃以来もう何十年も会っていません。

昔は写真映りがもうひとつであまり好きな写真と思った記憶はありませんが、今では子供の頃の写真の中でも好きな写真のうちの1枚です



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


こういう昔のアルバムって、数年おきぐらいには何かのついでにパラパラと見ているつもりなのですが、不思議なもので、同じ写真を目にしても自分の置かれている状況、精神状態によって気づくことや感じることが変わってくるものなんですね。それを今回は初めて認識しました。

昭和テーマのブログなので、見てくださっている方に昭和の頃の子供ファッションやら風景やら、色あせたフィルム写真のいい感じの味わいを楽しんでいただけたらという観点から写真を選んでいますが、私自身は今回は、写真に写る家族や親戚みんなの和やかないい表情に惹きつけられました。
亡き祖母や曽祖母、家族のように可愛がってくれた親戚。健在でありながらもう何十年も会っていない親戚や知り合い。
子供だった私にはわからなかった苦労や悩みもそれぞれに抱えていたはずだけど、写真の中ではみんなとても幸せそうに見えました。
こんなご時世だけど、“明るく朗らかに” 生きないとね。 ありがとう♪

また機会があれば、幼い頃の写真をお見せしマス
スポンサーサイト



Re: タイトルなし
非公開コメントさん、コメントありがとうございます!
それにしても・・そんな状況だったんですねi-238
色々と冷や冷やとされたことでしょう。たまったもんではありませんね。でも、ご無事で良かったです。
ご家族もご無事で何よりです! もしかすると、状況が状況だけにご家族のことで何かあったのでは?と心配しておりました。

アルバムは・・ははっ そう言っていただけると嬉しいというか恐縮です。大きくなるたびにビジュアルが劣化していくのがアルバムを見ていると自分でもよくわかります(苦笑)
寅さん、心が癒され柔らかくなる気がするからこういうご時世にピッタリですよ。しかし見るたびに、この頃は大きな震災もパンデミックもなかったという点でもいい時代だったよな・・と思ってしまい、ますます現実逃避したくなってしまいますが^^;
[ 2021/04/28 21:28 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2021/04/28 19:23 ] [ 編集 ]
Re: ありがとうございました。
きしもとさん、ありがとうございます!
数年ほど前から他のSNSに移行される方が増え、寂しい思いをしていましたので、復活されていて嬉しく思いました。
顔の傷はなんとか治りましたし、おかげさまで腰も今のところはだいぶマシになっています。
コケた時、もっとひどいことになっていてもおかしくなかったと思いますが、顔のちょっとした傷、軽い打撲とメガネの柄が曲がったぐらいで済んだのは不幸中の幸いでしたi-201

頸椎症なんですか? 腕が痛いと楽器もですが、日常生活何かと不自由されてるでしょうi-238 私よりひどい状況だったんですね。
痛みがマシになるといいですが・・。回復をお祈りいたします。


>近年は写真が電子データとなって大量になってしまい
>逆にあまり振り返ってみなくなってしまいました。

逆にそういうのもありますかね。デジタル写真の方が手軽に後で見れそうだけど、枚数が多くなり過ぎてじっくり見ることがなくなってしまうんですね。確かにいちいち全部クリックとかタップして開けていくのがめんどくさかったりしますもんね^^:
そうしてみたら思ってたより色々な意味でアナログなアルバムのアドバンテージありそうかな。
それにフィルム代も現像代も高くなってしまいましたが・・フィルム写真はやっぱりいいですよ。

[ 2021/04/21 17:50 ] [ 編集 ]
ありがとうございました。
ご無沙汰いたしております。
ご訪問頂きコメントまで残して頂いて恐縮です。
また、リンクもありがとうございます。
またぼちぼちと書いておりますので
今後ともよろしくお願いします───

って、大丈夫なんですか!?
顔面を打撲されるって
よほど派手なこけ方を?
目とかは大事ないですか?
ヘルニアもお大事になさってください。
(かく言う私も頸椎症で治療中です。右手が重だるく痛みもあって
 ベース弾けずにいます(泣) )

アルバム、私も見るの好きでした、
近年は写真が電子データとなって大量になってしまい
逆にあまり振り返ってみなくなってしまいました。
一枚一枚を考えながら撮っていた頃の写真の方が
やっぱりよく見ましたね。
家族でアルバム囲んで
笑ってたあの感じ
遠くなってしまいましたね

[ 2021/04/20 23:27 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
へろんさん、

>お写真の数々もですが、アルバムそのものもよく似たのを持っていました。

そうなんですね! やはりこのアルバムってよく出回ってたタイプのものだったのかも^^ プライベートな写真を懐かしいと言っていただけるのは嬉しいです。同時代を生きた人を惹きつける、昭和の香り(笑)

>昔は写真撮影そのものがハレというか、一種の「よそいき」的な特別感

そう思います! 70年代はまだ「写ルンです」もなかったですし、撮影ができる人って限られてましたよね。カメラも高級品的な扱いで。そのこと自体が懐かしくもありますね。
デジカメは本当に便利ですし、記録や取材には向いていますよね。私も撮りまくってしまい、満杯になったSDカードをいつもちょっとずつ削除しながら使っています^^; 早くフィルムカメラも一緒に持って旅に出られるようなご時世になってほしいです。


[ 2021/04/16 13:58 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
森須もりんさん、コメントありがとうございます!
美少女などと言っていただけて恐縮ですi-229

しかし・・その意味においては私のピークはおそらく3、4歳ぐらいまででした。小学生以降はワンピースの写真以外は可愛いとは言えないような。実際、年齢と共にブサイクになっていったので、写真映りのせいだけにできないのが辛いところです(笑)
でも、今見るとブサイクな映りの写真でも愛おしいというのはあるかな。

[ 2021/04/16 13:26 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
あめしすとさん、腰痛、今の所はマシになってますi-201 ご心配かけてしまい、すみません。
ただ仕事の時はサポーター&薬の服用はまだ続けた方が良さそうな感じなので、、ボチボチやっていくしかないですね^^;
整骨院、近くにいい先生がおられる整骨院があればいいんですけどね〜。

>赤の大きなアルバム、私も同じもの持ってます(^▽^)
>多分小学校??頂いたような気がします

なんと、そうなんですね!当時結構出回っていた商品だったんでしょうかねe-257 
覚えていませんが、もしかすると私のこのアルバムもどこかからもらったものなのかも?とあめしすとさんのコメントを読んでから思いました。昔って、何かのお祝いの時にアルバムを贈られることがあったような気がするので。
分厚いアルバム、重くてめんどくさいけどいいものですよi-80

[ 2021/04/16 13:05 ] [ 編集 ]
なんと懐かしい・・・
お写真の数々もですが、アルバムそのものもよく似たのを持っていました。もっとも保存状態がよくなかったのかだいぶ汚れていましたが。それも数年前の引っ越しで、写真をスキャンした後でアルバムそのものは残念ながら処分せざるをえませんでした。
デジカメ等で気軽に撮りまくる現代と違って、昔は写真撮影そのものがハレというか、一種の「よそいき」的な特別感がありましたね。良い意味での「重み」があったと思います。そう思いつつも年間数千枚撮ってしまう写真(データ)に埋もれ続けていますが(^^;)
[ 2021/04/16 06:53 ] [ 編集 ]
かわいい。
美少女。

なんてかわいい!!
[ 2021/04/15 20:31 ] [ 編集 ]
こんばんは
腰痛大丈夫でしょうか
お大事にされてくださいね
私も腰痛持ちなので、時々整骨院へ施術受けてます(;^_^A
薬は使わないので副作用とか考えると安心かなと思います

赤の大きなアルバム、私も同じもの持ってます(^▽^)
多分小学校??頂いたような気がします
[ 2021/04/15 01:13 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
たいやきさん、昔のアルバムはみんなこういう分厚い台紙タイプのものでしたよね。
かさばるし重たくてめんどくさいしと思われがちですが、実はこういうタイプのアルバムって理にかなってた気がするんです、写真を保存するという目的においては。
こういう分厚いアルバムって頻繁に見返すことはしないけど、しまいこんで大事にするから、結局末長く傷まずに残るんですよね。今になって価値を見直しているんです。こういうタイプのものはほとんどなくなりましたが。


>昭和は、普段と特別な日の差がはっきりした時代でしたね。

まさにそうですね。こういうメリハリがついていたことって、良いことだったんじゃないかと思います。
当時のよそ行きの服、今見てもとても上質なのがわかるんですよ。レトロでめちゃ可愛いですe-278
[ 2021/04/14 18:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
非公開コメントさん、ご訪問ありがとうございます!
私の生家の写真を見てくださっていたんですかね? 私もしばらくこういう昔の写真は上げていなかったので、このタイミングで久しぶりに見に来てくださって良かった!嬉しいですi-189

よそのお家と思えないというのは、他の方も言ってくださるのですが、これって何なんでしょうね。
単に家の造りが似ているという見た目だけの類似にとどまらない要素があるんでしょうかね。何れにしても、懐かしく感じていただけてこちらも嬉しく思います。またいずれ、昔の写真をあげる機会があるかと思いますのでご覧くださいね♪
[ 2021/04/14 18:35 ] [ 編集 ]
Re: なつかしいなあ
ぢょん でんばあさん、

>服装、持ち物、表情、何もかも自分のものみたいに懐かしいです。

そうですか〜、なんか嬉しいですi-80 今の子だったらもっと写真慣れしてるから、お茶目にポージングを決めてくれそうですが、中途半端な硬さがありますよね(笑)服や持ち物だけではなくて、表情にも確かにその時代の子供らしさが出るかも知れませんね。


>箱を見たときが一番うれしかったなあ

箱に描かれたカラフルなイラストや色彩の感じも、中身を豪華に見せて引き立ててますよね。
この感覚を子供の頃から持っておられたって凄い、大人っぽいと思います。今でこそこういうおもちゃは箱に入った状態が一番可愛いなと思いますが、当時はショボさにも気づかず、ただただ能天気に喜んでたようなi-229

[ 2021/04/14 18:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
あけぼうさん、さらに考えようによってはこういう災難によって毒出しをしたとも言えますか。まあなんでもものは考えようなんですかね(苦笑)

>おばあちゃんと写ってるお庭の写真とか、そっくりなのありますよ(笑)
>コンクリ塀も庭の植栽も同じような感じ。

おお〜そうなんですね^^ 田舎はこういう造りの家が大半でしたよね。 決して広いわけではないけど前庭or裏庭があって植栽があって、コンクリ塀で覆われていて。今見るとこの上なく豊かに見えますi-189

普段着とよそゆき服のメリハリ、これは本当にそうですよね〜!いつの間になくなってしまったんだろう。
結果として、普段の生活での子供間の不公平感も生まれにくいですしね〜。
[ 2021/04/14 17:59 ] [ 編集 ]
アルバムそのものが懐かしい!
昔は、こういう分厚いアルバムに大事に写真を入れていましたね。
現像をすると、写真屋さんが差し込み式の薄いアルバムに入れてくれていましたが、わざわざ家のアルバムに入れ替えていました。
いつの間にか、自分のアルバムは差し込み式に代っていました。
昔の写真はいいですね。
よそ行きの服が何とも言えない昭和レトロです。
昭和は、普段と特別な日の差がはっきりした時代でしたね。
今はそれが良くわかりません。
[ 2021/04/14 11:09 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2021/04/14 11:08 ] [ 編集 ]
なつかしいなあ
こんにちは~。

服装、持ち物、表情、何もかも自分のものみたいに懐かしいです。

こういう透明包装されたおもちゃは昔は多かったですね。取り出してみると拍子抜けするくらい小さくって少ししかなくって、箱を見たときが一番うれしかったなあ。
[ 2021/04/14 09:06 ] [ 編集 ]
ご愁傷さまでした・・・なんか立て続けに起きたんですね色々・・・。厄除け、あまりわたしも意識したことが無かったけど今度からお参りするときは念入りにやることにします。

それにしても写真の数々、関係ないわたしまで懐かしい!
おばあちゃんと写ってるお庭の写真とか、そっくりなのありますよ(笑)
コンクリ塀も庭の植栽も同じような感じ。
あの頃は、普段着とよそ行きの服がハッキリと区別されてましたよね~。ああいうの良かったな~・・・結果として服が少なくて済むし、コスパ的にも理にかなってる気がする。
[ 2021/04/13 17:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

マナサビイ

Author:マナサビイ
昭和40年代生まれ。大阪在住。
前身のブログを始めた2007年より一貫して昭和のカルチャーやプロダクト、個人的な想い出などのテーマで書き続けています。
ブログの内容からか男性と間違われる事が多々ありますが、女性です。
小々石 曲允子の名で、昭和文化愛好家、神秘の杜ナビゲーターとして取材執筆も行っています。

旅先でのフィルム写真の撮影、神社仏閣や古代史などのトピック、野球観戦、2時間サスペンスの再放送視聴なども好き。

記事の無断転載を禁止します。
(C)ソラリスの時間
 

カテゴリー
タグ

過去記事一覧
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログリンク&ブックマーク
QRコード
QR